化粧品マニア@美喜の日記

設計図をしっかりと

今日は、友達に誘われて<ブローチを作ろう>というワークショップに娘と参加してきました。

なんだかグズグズとしてしまい、ちょっと遅刻してしまって、かなりアセってしまいました。

参加費用を支払って、慌てておつりをしまっていると、なぜかレジの支払いをするお金をのせる小さいトレイを持っている自分にビックリしました。

ほんと、何ごとも余裕を持って対応するべきだと、常に思っているにもかかわらず。だから、遅刻してはいけないと思います。

まあ、そんなこんなのバタバタがありましたが、白い紙に、どんな虫を作りたいのか、絵を描いて、色を塗って、それをひびのさんに見せてから、たくさんある布の中から、その絵のような虫のブローチを作る、という事なのですが。

そもそも、絵が描けない。

なんて状況ではありましたが、やはり私が絵を描かなければ何も始まらないので、どうにか描き始めました。

あまりリアルなもの(そもそも描けませんが)は、怖いので、なんとなく可愛いものを目指しました。

そして、コレを作りたいのか?と何度も聞かれたら、違いますと答えてしまいそうでしたが、その質問がなかったために、早速たくさんある布の中から、その絵の色と合う感じのモノをいくつか選びました。

さて、今度は、その布を切ったり、縫ったりの作業が始まります。

なんにも言われてはいなかったのですが、私は、立体的なものを作るイメージだったので、布を丸めて縫い合わせ、その上からまた布を被せて縫い合わせという事をしていました。

そして、ふと周りを見回すと、友達は娘は、それなりに楽しみながら作業を進めていました。みんながそれぞれ真剣な表情をしてる姿を見るのは、なかなか新鮮です。

そんな中、友達が「なんだか、絵と全然違ってきてる」と言い始めました。

そして、その部屋の中のみんなの様子を見ながら歩いていた先生も近づいてきて「あら、これ絵と全然違ってきてるわねちゃんと、絵の通りに作ってくださいね」と言われていた。

確かに、そうでなければ、絵を描いた意味がない。

当たり前の事ながら、自分にとっては、ものすごく新鮮な発見でした。

以前から私は、何かをミシンで縫ったして作ってますが、考えてみると、設計図的なものものなく、頭に浮かんだものを形にしていました。

でも、今回絵を描いた後で、モノを作ってみると、それを忠実に再現しようとする、ということに気づきました。

色も、形も、それに近づくように。ひょっとしたら、それは、何事にも大切な事なのではないかと。

人生の設計図的な。ってかもう、これからの設計図って、何があるのか疑問ですが。

?

?

2014年11月24日|

保水力を意識した化粧品選び

年齢肌の悩み、エイジングケアを意識する方のほとんどが目元や口元の小じわでしょう。

しわ消し化粧品はいろいろありますが、まずは保水力を意識したものを選んでみてはいかがでしょうか?

「保湿」を意識した化粧品はたくさんありますが、お肌の奥へ水分を送り届ける力、保湿力だけでなく、届けた水分をできるだけ長時間抱え込んで逃がさない「保水力」を意識した化粧品を選んでみてください。

保水力をアップさせるためにはコラーゲンやヒアルロン酸を補給するだけでなく、お肌自身がコラーゲンやヒアルロン酸を生み出すチカラを呼び覚ますことがポイントです。

そのためにはお肌の細胞の若返りを促進する事、これはお肌のターンオーバー機能とも呼ばれますが、古い細胞がきちんと剥がれ落ちて新しい細胞がしっかりと生み出される必要があります。

保水力を意識していることをアピールしているだけでなく、どんな点で保水力アップを意識しているのかが明記されていると間違いないでしょう。

お肌のターンオーバーを促進する美容成分としてはプラセンタやビタミンCが代表的ですがプラセンタは比較的高価な美容成分ですから、価格帯も高価格なエイジングケア化粧品となってしまうでしょう。

だからと言って安い大量生産型の化粧品を選んでも期待するほどの効果は感じられないはずです。

安い化粧品は安い理由がある、つまり安価な石油合成成分を使用しています。

こういう化粧品は一時的に効果があるように感じることもあるかもしれませんが、長い目で見ればお肌の見えない部分からじわりじわりとダメージを与えるリスクがあります。

多少効果に感じても本当の意味でお肌のために良い化粧品を選んで、無駄なく効果的に使うことが結局お肌のためにも一番いいのです。

「高価な化粧品だからこそ無駄なく効果的に使う」

これがポイントの一つです。

そのためにはお肌に合うエイジングケア化粧品をそのままお肌に塗るのではなく、お肌の奥へとしみこませる美顔器、イオン導入美顔器を併用することです。

例えば頬のほうれい線やたるみ、しわが気になるという場合にその気になる部分にお気に入りのエイジングケア化粧品をイオン導入美顔器を使ってお肌にしみこませるというイメージです。

例えば、しわ消し化粧品も結局いかにお肌の奥へとしみこませるかで効果は全く変わってきますし、お肌の奥へとしみこませることができるならば、今まで使っていた量の半分で足りるなんて言うこともあるのです。

2014年2月10日|

蘭の花のエキスを使ったエイジングケア化粧品

蘭の花ビラから抽出したエキスを活用したエイジング家化粧品、ニチレイさんのシルヴァンという化粧品のトライアルセットを購入しました。

カワイイシャンパンゴールドのミニポーチと美容液、化粧水、洗顔料が1週間分そろって1,980円というお値打ち価格です。

送料、手数料は無料ですから気軽にお試し可能ですが、返金保証はついていません。

ただしこのシルヴァンは無添加で植物由来の成分主体で作られていますからまずお肌に合わないという心配はないと思います。

公式サイトには明確に敏感肌、デリケート肌、アレルギー肌に安心とは書いてありませんが、よほどの敏感肌でない限り問題ないと思います。

実は私も敏感肌に長年悩んでいて、なかなかお肌に合う化粧品が見つからなかったんです。

シルヴァンは使い始めて3日目ですが、今のところお肌もピリピリしませんし、刺激は皆無です。

自分のお肌にピッタリの相性の良い化粧品に出会うのって敏感肌の方にとってはなかなか一苦労ですよね。

私ももうかれこれ3年以上もエイジングケアの化粧品を探していろいろなトライアルセットを試していますからね。

でも、絶対に妥協できませんし、お肌に合わないエイジングケア化粧品を使ってしまって肌トラブルになってしまっては元も子もありませんし、いろいろ試して化粧品を探すのもこれはこれで楽しかったりするものです。

ゆったりとした気持ちで探してみるのがいいと思います。

化粧品はエイジングケア化粧品に限らず夢がありますよね。

トライアルセットにしても自宅に宅配便で届いて、宅配便の包みを開いたときのワクワク感、パッケージのデザインのかわいさとおしゃれ感、そしてお肌に使た時の心地よい感触や癒される香り。

化粧品を使うときにイヤな気持ちになるなんてことはあってはならないし、だからこそじっくりと自分のお肌に合う化粧品を選びたいものですね。

2014年1月27日|

敏感肌の化粧品選びのポイント

先週買ったトライアルセットは100%天然素材を使用で、石油由来の成分は一切使用していないそうでお肌にまったく刺激を感じません。

子どものころから肌が敏感な私は化粧品はできるだけ使いたくないのですが、やはり30代も後半になってくると何もしないわけにはいきませんからね。

そこで注文したのが今回の自然派化粧品Gクリームです。

桔梗エキスやどくだみ、よもぎ、竹といった日本古来からの植物のエキスでお肌の生命力を呼び覚ましてくれるのだそうで楽しみです。

30代も後半に差し掛かってくると、お肌だけでなく様々なところに衰えを感じてくるのは誰もが経験することですが、私は最近は夜遅くまで仕事ができなくなりましたし、例えば先月の忘年会などは3次会までお付き合いしましたが、もう眠くて眠くて半分うとうとと眠っていたようです。

翌朝は土曜日でしたからよかったのですが、なかなか布団から出ることもできないほどに疲れ切っていました。

これが20代の前半なら、翌朝出勤でもシャキッと起きて満員電車で何ともなく通勤していたものですが、最近はすっかり疲れが翌朝に残るようになってしまいました。

化粧品を選ぶにもやはり丁寧な説明がなされているものを選びたいですね。

疲れやすくなったからと言っていい加減なものは使いたくないですし、ネットの情報も様々なものが乱れ飛んでいる感じがしますから、やはり何が正しいのか情報をよく確認のうえで、自分のお肌に合うか合わないかを判断することが大切だと思います。

どんなに自然派化粧品はお肌に合うとは言ってもやはり、だれのお肌にでもぴったりと合うとは言えないものですから必ずお試しセットを使ってみることは大切でしょう。

ただ、やっぱり石油由来の化学物質を使った化粧品よりは、自然由来の成分を使った化粧品のほうがお肌のトラブルを起こすリスクはより少ないと言えるでしょう。

私のような敏感肌の方なら化粧品選択のひとつのポイントと考えていいと思いますよ。

2014年1月20日|

結局通販で買うほうがオトクかも?

今年の夏頃に観た『きっと、うまくいく』というインド映画が面白かった。

というか、とても良い話しだったので、DVDになったらまた観たいと思っていました。

で、この前テレビを観ていたら、DVDが出る事を知って、早速、某レンタルビデオ店に行くと、会員カードの期限が切れている事に気づきました。近頃は、月々のお金を支払えばわざわざ借りに行かなくてもパソコンでも映画を観られる時代ですが、私ももっぱら、そっちで映画やドラマを観ていたので、いつのまにかカードの期限も切れていました。

うーん、会員になるのもなあ〜、と思っていたところ、娘がカードを持っていることに気づきました。

学校から帰ってきて、早速娘と一緒にDVDを借りに行きましたが、娘は音楽が大好きで、店内の<CD5枚1,000円>というポスターに釘付けでした。

「ねえ、1枚、200円てことだよね?すごい安いね〜」と話しかけてきました。

「でも、5枚借りなくちゃいけないんだよ、1枚だけ借りるなら、もっと高いんだよ。お店は、まとめて貸して1,000円欲しいんだよ。これが商売ってもんだよ」と、言い、世の中の事を少し教えたような気がしました。

さて、DVDのほとんどの旧作が100円で観られるようになりましたが、私が観たいのは最新作。でも、ちょっと高くても、今観たい!!そして、子どもにも魅せたくて、レジに行くと「今、5枚レンタルで1,000円ですよ」と声をかけられる。「えっ?最新作も良いんですか?」と聞くと「ハイ、大変お得になっております」と。

あらま、ホントお得だわ。大変お得...。

「では、考えさせてください」とあと4枚、DVDを探す事にしました。次々と映画のタイトルが思い浮かぶのに、まだDVDにもなっていないようで、なかなかあと4枚探す事ができません...。しかも、根っからのビンボー根性が芽を出し、<できれば全部最新作で>と考え始めたら、まるで興味のないジャンルにまで手を出そうとした私。いけない、いけない。

なんだかんだで、娘にも希望を聞いて、とりあえず5枚持って、レジへ。

「最新作は、2泊になっておりますが、プラス80円で一週間ご利用できますが、いかがなさいますか?」ここはあっさり「結構です」と、そこはきっちりと答えました。

でも、1,000円払いながら、すっかりあちらの手のひらの上をコロコロと転がっていた自分が情けなくなっていました。

とはいえ、こんな事がなければ、色んな映画を観る事もなかったかも、と思うと、他の映画も楽しみです。ちなみに『華麗なるギャッツビー』『ハッシュパピー』『カラスの親指』『リンカーン』を借りてみました。

そしてこのレンタル店のすぐ隣のドラッグストアへ立ち寄り、様々な化粧品を眺めてみることにしました。

化粧品と言うのはパッケージもとっても夢があり、見ているだけでも何ともいえない幸せな気持ちになってきます。

ついついいろいろな化粧品に手が伸びして今うのですが、最近は通販のほうが特典もいろいろついてきますし、ポイントをためていることもあって手に取った商品は棚に戻して、通販でいくらするのか帰ってから調べてみようと思い、帰りました。

2014年1月 9日|

乾燥対策のオススメケア

お肌の乾燥する季節になりましたから、せっせと化粧水を塗りたくるなんて言う方も多いでしょう。

でも、いっこうにうるおいを感じられない、すぐに乾燥してしまうという方がほとんどではないでしょうか?

これって表面だけうるおいが感じられても、お肌の奥へほとんどしみこんでいないからなんです。

つまり乾燥対策はいかにして、お肌の奥へと美容成分をしみこませるかということになります。

そして、せっかくうるおい補給しても、その水分をしっかり保持することができなければ、またすぐにカサカサの乾燥肌になってしまいますよね。ではどうすればお肌の奥へとしみこませることができるのかというと、私がおすすめするのは美顔器です。

超音波とイオン導入器の両機能を持つ美顔器を使うと、超音波でお肌をもみほぐしつつ、美容成分をイオン化してお肌の奥へしみこみやすくしてくれるので、化粧品の使用量も少なくて済むというメリットもあります。

美顔器は以前はなかなか手が出ないお値段でしたが、最近では3万円程度でかなり高機能のものを買えるので、1台持っておくといいでしょう。

また、化粧水や美容液も美容成分をナノ化するなどしてお肌にしみこみやすくされたものを選ぶといいでしょう

そういった化粧品は「浸透力にこだわっています」とか「美容成分をナノ化しています」と書いてあるのでじっくりと比べてみればすぐにわかるでしょう。

こうした浸透力にこだわった化粧水や美容液と超音波機能とイオン導入機能を持った美顔器を使うことで化粧品の浸透力は飛躍的にアップしますから、効果を感じるまでの時間も短縮されますし、これまでの化粧品の使用量の半分以下で済むでしょう。

また、効果を感じるまでの時間が早ければやはり続けて使うヤル気も出てくるのでますますきれいなお肌になるというわけです。

化粧水をそのまま使っている方や冬の乾燥する時期になると化粧水がすぐになくなってしまうという方にはこの方法をおすすめします。

2014年1月 1日|

最新情報