肌のハリを取り戻すための化粧品選びのポイント

肌のハリを取り戻すための化粧品選びのポイント

年齢からくるさまざまなお肌の悩みには、紫外線の害が大きく関係しています。

紫外線というとシミやそばかすというイメージがありますが、お肌の奥へと達してコラーゲンを崩してしまう作用もあります。

年齢とともにハリがなくなってきて、しわやたるみ、ほうれい線に悩む方が増えるのは、紫外線の影響もあるのです。

お肌のハリがなくなってくるのは、紫外線の他にも、お肌の奥の肌細胞の衰えもあります。

お肌のいわば土台ともいえる部分が真皮と呼ばれる部分ですが、ここにはハリと弾力を生み出しているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがあります。

これらを生み出しているのは、真皮にある線維芽細胞という肌細胞ですが、この線維芽細胞は年齢とともに機能が衰えていきます。

この線維芽細胞の衰えをできるだけくい止めることが、エイジングケアのポイントの一つといえるのですが、そのためには栄養バランスを考えた食事にきちんと睡眠をとり、ストレスを溜めこまないで適度な運動を心がけるなどできる事はあるのです。

そのうえで、適切な化粧品を使ったスキンケアをプラスすれば、何もしない人とは全く違ったお肌となるはずです。

一般的には、肌のハリを取り戻すためには、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水や美容液をたっぷり使えばよいと考えられているようですが、残念ながらこれは間違いです。

化粧水や美容液のコラーゲンやヒアルロン酸は、お肌の奥の真皮までは届きません。

化粧品に配合されているコラーゲンやヒアルロン酸は、お肌のごく浅い部分の角層に浸透して、うるおいを与える成分です。

真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすためには、線維芽細胞を元気にして、線維芽細胞にコラーゲンやヒアルロン酸を生み出してもらう必要があります。

この線維芽細胞を元気にする美容成分がペプチドと呼ばれる成分です。

ペプチドにはFGFやIGF、EGFなどいくつか種類がありますが、「FGF」といった表記のあるぺプチド配合の美容液や化粧水を選びましょう。

真皮の肌細胞の活性化に役立つのはFGFで、線維芽細胞増殖因子と呼ばれるペプチドで、EGFは上皮細胞増殖因子、つまり表皮のターンオーバーを促すペプチドです。

肌のハリを取り戻すためには、EGFよりもFGFが配合されているかどうかがポイントとなります。

肌のハリのためにはペプチドがキーワードと覚えておいてください。

2017年3月25日|